斉藤倫|さいごのゆうれい
608e3598da019c75363fba64 608e3598da019c75363fba64 608e3598da019c75363fba64 608e3598da019c75363fba64 608e3598da019c75363fba64 608e3598da019c75363fba64 608e3598da019c75363fba64

斉藤倫|さいごのゆうれい

残り3点

¥1,870 税込

送料についてはこちら

これが、かなしみ? ほんとうに、これが、かなしい、ということなら。 ぼくには、とうてい、たえきれない。 逃げ出したい。 でも、じぶんのなかにあるものから、どうやって逃げたらいいの? 小学5年生の夏、田舎のおばあちゃんの家に預けられたハジメ君。新しく空港ができたその街で、ハジメ君は小さなゆうれいに出会います。 「自分が、ゆうれいのさいごのひとりかもしれない。」 ゆうれいを救い、世界を取り戻すために、ゆうれいと過ごした4日間。瑞々しく、切なく、「かけがえのない」、短い夏休みの物語です。 「ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集」も素晴らしかった、詩人・斉藤倫さんの長編作品です。 発行:福音館書店 発行年:2021年 サイズ:200 × 140mm ページ:304p