{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

カフカの日記

5,500円

送料についてはこちら

【今秋重版予定】 「橇(ソリ)を走らせている間の、粉々に砕ける力。人は一つの人生を、体操選手が逆立ちするようなふうに、自分で作り上げることはできない。」 カフカの研ぎ澄まされたまなざしで捉えた日常が、悩ましいほど繊細に綴られています。まるでこれ自体がひとつの物語であるように。孤独、不眠、父との葛藤、書くこと、夢、病。すべてのカフカ文学に連なっていく、もっともカフカ的ともいえる日記文学の金字塔。 カフカ没後100年の2024年、新版として復刊されました。100年以上前の日記を読むことができるという、書物の素晴らしさを実感します。 発行:みすず書房 発行年:2024年 サイズ:四六判 ページ:570P

セール中のアイテム