{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

柳本史・外間隆史|雨犬

残り3点

2,500円

送料についてはこちら

ペンキ塗りの少年と雨の日に出会った犬。 ふたりの日々はたくさんの音でできています。りんごを食べる音、コーヒー豆を挽く音、レコードの回る音、雨の音。 孤独と孤独が出会い、ささやかな変化を日常と呼び、ときどき互いを確認しあう、その営みはしあわせであるのにどこか切なくもある。ずっと変わらないでほしいと、子どものように思ってしまう感情を包み込んでくれる、あたたかく静かな物語。 「それはどこか雨音にも似ている。 音は、すがたやかたちをもたないうつくしい律動だ。」 発行:未明編集室 発行年:2023年 サイズ:180 × 120mm ページ:160p

セール中のアイテム