{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

小津夜景|花と夜盗

残り3点

2,090円

送料についてはこちら

清新な漢詩の翻訳や極上のエッセイを生み出す俳人の小津夜景さん。これまで書いた句を連作に編み直した第二句集が刊行されました。 俳句や短歌による翻訳、武玉川調(七・七音)、都々逸(七・七・七・五音の俗謡)、三文字俳句の連作など、小津さんの技巧によって万華鏡のようにくるくると姿を変えていく言葉たち。いともたやすく言葉を操るハイブロウぶりに思わずため息がでます。小津さんが撮影したという表紙写真の陰翳も美しい一冊。 いつの日か人はひかりの櫂となり 朧月砉 (おぼろづきほねとかはとがはなれるおと) 寧能鎖吾口 (僕のみが知るただならぬ詩を) 発行:書肆侃侃房 発行年:2022年 サイズ:四六判変形 ページ:144p

セール中のアイテム