{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

井戸川射子|遠景

¥2,200 税込

送料についてはこちら

わが子、家族、自分の身体や記憶。描かれるモチーフは常に身近なものであるのに、どこか遠くに見える景色のことを話しているみたいだ。身体と言葉のあいだの深く大きな川を埋めるように、その景色をしだいに拡張させていく。尽きることがない惑いをいつまでも優しくなぞる24篇。 井戸川射子さんの第ニ詩集です。 体と言葉が通じないので泣いている わたしは見守る役だーー 発行:思潮社 発行年:2022年 サイズ:四六判 ページ:98p

セール中のアイテム