{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

嶋稟太郎|羽と風鈴

残り3点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

夏の日差し、夜の匂い、春の桜並木、海の青さ、澄んだ風鈴の音、故郷の石巻への想い。 熱を秘めたその眼差しの静けさ、ひとりきり、日々の景色を緻密に測っていくようなこれらの歌はどこか寂しい。けれども頼もしい。まっすぐに日々を重ねるひとりの人の輪郭が、ゆっくりと浮かび上がります。 自転車チューブの蓋を渡すから少し離れて見ていて欲しい 本を閉じそれから両の目を閉じて次の駅まではこばれてゆく 潜りつつひとつひとつと鍵を解くできるだけ暗い場所を探して 発行:書肆侃侃房 発行年:2022年 サイズ:四六判 ページ:160p