餠井アンナ|へんしん不要
5fc49fe5f0b108290186c5cc 5fc49fe5f0b108290186c5cc 5fc49fe5f0b108290186c5cc 5fc49fe5f0b108290186c5cc 5fc49fe5f0b108290186c5cc 5fc49fe5f0b108290186c5cc 5fc49fe5f0b108290186c5cc

餠井アンナ|へんしん不要

残り2点

¥1,540 税込

送料についてはこちら

「ーー挨拶代わりに「元気ですか」と聞かれると、ちょっと言葉に詰まってしまう。私はもうずっとそんな感じです。」 防御力低めの心と体、落ち込みがちな日々のことを宛先のない手紙に書き続けた2年間。ささくれ、ひっぱられながらも、漠然とした不安になんとか向き合う彼女は、それでも前にすすみます。 高すぎるほどの感度と細やかなまなざしゆえの優しい手紙。馴染みの匂いのお布団のようにそっと背中を包んでくれます。 「心のなかに誰もいなければ、誰のことも思わなければ、恥ずかしいと感じることはなかったはずだ。ーーならばこの恥ずかしさには、耐えなければならない。引き受けなければならないものなのだ。人と生きる誰もが、生きる恥ずかしさを引き受け、そして誰かに引き渡す。」 発行:タバブックス 発行年:2020年 サイズ:B6判変形 ページ:153p