ヘルマン・ヘッセ|庭仕事の愉しみ
5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54 5f0c194fdf62a952d6151e54

ヘルマン・ヘッセ|庭仕事の愉しみ

残り2点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

庭仕事は瞑想であるーー ドイツの文豪ヘルマン・ヘッセは後半生、執筆以外の時間のほとんどを自分の庭で過ごしました。庭仕事の中に尽きぬ愉しみを見出した彼は、のちに自身の文学へと結実させていきます。 庭仕事に勤しむ楽しそうな姿、直筆のかわいらしい水彩画も掲載されたこの本は、草花や木、土や雨、自然への賛歌にあふれた詩やエッセイが編まれています。 ナチス政権の圧力に苦しみながらも、ヘッセは高潔な精神を持ち続け、決して揺らぐことはありませんでした。 三つ揃えのスーツが似合う端正な顔立ちのヘッセが、作業服に麦わら帽子をかぶっている姿も必見です。 世界がまたしても狂気になり 大砲がとどろく前に もう一度 いくつかの美しいものを見て楽しみ それらに歌を捧げよう。 発行:草思社 発行年:2011年 サイズ:文庫版 ページ:384p