{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

新居格 随筆集

2,200円

送料についてはこちら

"人々は老いてはをらない。生活と想像とは豊富であることが願はしいのである。" 散歩が好きで、アナキストで、読書の時間を愛し、朝の瞑想と夜の思索を習慣として暮らしていた、戦後初の東京都杉並区町・新居格。戦時中にあっても、市井の人びとや日々の暮らしを大切にした生活者でありました。日常を歩き、本を読み、挨拶を交わしながらつむがれた、素朴でやさしさあふれる散文と、一編の詩を収めた名随筆集。 発行:虹霓社 発行年:2024年 サイズ:B6判変型 ページ:246p

セール中のアイテム