{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

ふるさかはるか|ことづての声 ソマの舟

残り2点

6,050円

送料についてはこちら

青森県、岩手県の南部地方で、マタギやソマ、カキコなど、山の命と関わる手仕事の人たちに出会ってきた美術家のふるさかはるかさん。本書は、その取材をとおして生まれた木版画、ドローイング、ピンホール写真、ことばの記録をまとめた作品集です。 冬の寒さが厳しい北国で、山と直接関わる手仕事の人びとは、動植物からどんなサインを読み取り、やり取りしているのか。ふるさかさんはそこに深く触れ、何を生み出していったのでしょう。生物、自然、そしてそれらと対峙する人びとの、伸びやかに張りめぐらされた生の記録。 取材地の漆の木と樹液を使って手刷りした漆木版画作品が付いています。 "自然のサインを深く読み取ることのできる人は、眼前にある物事の向こう側を見ることができるのだろう。一片の木は、私たちと自然の繋ぎ手となるべく、「向こう側」を示唆するために拾われたのかもしれない。" 発行:信陽堂 発行年:2023年 サイズ: 210×180 mm ページ:224p

セール中のアイテム