{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ |セカンドハンドの時代

¥3,080 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

1991年、崩壊したソ連。この国での日々は、人びとの心に何を残したのでしょうか。20年にわたる綿密なインタビューを通じて人びとの感情や記憶を救い上げる、ソ連崩壊後の体制の大転換期に極限に置かれた人々の証言集です。数々の証言を読み進めていく過程で少しずつ焦点が結ばれてくるのは、過去が「使い古し=セカンドハンド」のものとして引き継がれてしまった現代の姿。 こんな日常は、遠い国でもなければ遠い時代でもなく、私たちの社会のすぐそばの現実です。今も国家の圧制に抗いながら執筆を続ける、著者の想いが強く伝わってくる大著。 「人はつねに選択しなければならない。自由か、それとも、安穏で整った生活か。苦悩を伴った自由か、それとも、自由のない幸福かを。そして、大部分の人が二番目の道を歩むのだ」 発行:岩波書店 発行年:2016年 サイズ:四六判 ページ:634p

セール中のアイテム