太宰治|正義と微笑
5f27d3e3d3f1671ed3b531e8 5f27d3e3d3f1671ed3b531e8 5f27d3e3d3f1671ed3b531e8 5f27d3e3d3f1671ed3b531e8 5f27d3e3d3f1671ed3b531e8 5f27d3e3d3f1671ed3b531e8 5f27d3e3d3f1671ed3b531e8

太宰治|正義と微笑

残り2点

¥880 税込

送料についてはこちら

主人公・芹川進くんの日記形式で構成される物語。 高い理想とそうはいかない現実。 葛藤、幻滅、空虚、希望。 繊細でプライド高く、素直さと鬱屈した感情がマーブリングされた思春期の青年の心情をみごとに描いています。 作者の姿を映しているのかもしれません。 「四十になっても五十になっても、 くるしさに増減は無いね。」 進くんの胸にどきんとこたえたこの言葉、同じようにどきんと胸にこたえます。 改めて読む太宰治の文章はやはりすばらく、すこし悔しいほど。それから、なぜか元気が出ます。 底本/1973年発行 新潮社「パンドラの匣」 装画/周依 (CHOU YI) 発行:ON READING 発行年:2018年 サイズ:文庫版 ページ:189p