大崎清夏|地面
5e9a8d7f34ef0167995604ed 5e9a8d7f34ef0167995604ed 5e9a8d7f34ef0167995604ed 5e9a8d7f34ef0167995604ed 5e9a8d7f34ef0167995604ed

大崎清夏|地面

残り2点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

『指差すことができない』で中原中也賞を受賞した詩人・大崎清夏さんの第一詩集が復刊されました。 足もとの地面、少し遠くの窓、ゴミ捨て場の青ネット、眩しい光線。 感覚を凝らして見つめる日々のほんの少しの風景は、ほどけてまた結ばれた糸のように、それは最初より少しだけしっかりとした形を成して、また毎日に戻っていきます。 日が沈んでいる。もうずっと前に。逃げよう。逃げる。出発して。思いだして。急ぐとすぐに。思いだして。急ぐとすぐに。肌寒い雨のなかを。冬になるほんの   前に。呼んで。呼んでいる。(微風も光線も) 発行年:2020年 (初版2011年) サイズ:148×210mm ページ:37p