ピカソの陶芸
5e75cfa72a9a4226bbe0f5be 5e75cfa72a9a4226bbe0f5be 5e75cfa72a9a4226bbe0f5be 5e75cfa72a9a4226bbe0f5be 5e75cfa72a9a4226bbe0f5be 5e75cfa72a9a4226bbe0f5be 5e75cfa72a9a4226bbe0f5be 5e75cfa72a9a4226bbe0f5be

ピカソの陶芸

残り1点

¥2,530 税込

送料についてはこちら

戦後すぐの1947年から、ピカソは、南フランスの陶器の街ヴァロリスで、陶芸の制作をはじめました。 それは1960年代後半まで続き、約4000点ほどの作品を生みました。 陶芸作品には、テーブルの上のくだものや花瓶、街並み、動物などの日常的なモチーフが描かれ、ピカソの手により力強くいきいきとした新しいかたちに変換されています。大胆な筆使いと明るい色彩は、どこか哀しみを内包しながらも、南フランスの眩しい日差しを思わせる、どれもユーモラスで可愛らしい作品です。 「すべては奇跡だ。風呂に入って体がお湯に溶けてしまわないことだって。」(本文より) 発行:PIE International 発行年:2014年 サイズ:A5判 ページ:192p