エレナ・トゥタッチコワ|林檎が木から落ちるとき、音が生まれる
5e6b96ec9df1632b573b826f 5e6b96ec9df1632b573b826f 5e6b96ec9df1632b573b826f 5e6b96ec9df1632b573b826f 5e6b96ec9df1632b573b826f 5e6b96ec9df1632b573b826f 5e6b96ec9df1632b573b826f 5e6b96ec9df1632b573b826f 5e6b96ec9df1632b573b826f

エレナ・トゥタッチコワ|林檎が木から落ちるとき、音が生まれる

残り2点

¥2,750 税込

送料についてはこちら

印象的なタイトルのこの写真集は、トゥタッチコワの幼少期の記憶をテーマに、モスクワ郊外の村で一夏を過ごす兄妹の姿を記録したものです。色深く光る木々、穏やかな太陽と風。彼らはこれから訪れる長く厳しい冬や大人へと向かう成長を予感させながら、束の間の美しい季節を謳歌しています。刹那的でありながら懐かしい、記憶の奥に柔らかく触れる写真です。 この気持ちは、頭の中か、お腹の中か、それとも心臓辺りに生まれたものなのだろうか。アーニャは知らなかった。過去のことか未来のことかも分からない不透明な気持ちのせいか、一瞬だけ訳もなく悲しく切なくなった。ーーアーニャが11歳になった年の夏の終わり、彼女の髪の毛が一番長く伸びた8月のことだった。(あとがきより) 発行:torch press 発行年:2016年 サイズ:A4判変型/仮フランス装 ページ:72P