{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

J-C・カリエール|ぼくの伯父さん

1,870円

送料についてはこちら

「そんな風に、伯父さんはぼくにとって、とても大きな存在に思えた。でも、それは錯覚ではなかったのだろうか。」 フランスを代表する映画監督であり、喜劇役者でもあるジャック・タチの名作映画『ぼくの伯父さん』のノベライズ版。待望の初邦訳が刊行されました。 8歳だった「ぼく」が大人になり、あの頃、風変わりなユロ伯父さんと過ごした日々を回想する物語。子どもの頃に駆け回った"小さな界隈"の出来事は、どうしてあんなに魅力的だったんだろう。少年と大人のあいだを行き来しながら、無秩序で温もりのある世界のことを想います。 タチの映画のポスターイラストを手掛けていたピエール・エテックスによる線画のイラストも魅力的な一冊。 発行:アノニマ・スタジオ 発行年:2022年 サイズ:B6判 ページ:256p

セール中のアイテム