ささめやゆき|十四分の一の月
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

ささめやゆき|十四分の一の月

残り2点

¥3,190 税込

送料についてはこちら

ノスタルジックでユーモラスなイラストが魅力の、ささめやゆきさんによる絵日記です。 鎌倉で出会った三島由紀夫、澁澤龍彦、小津安二郎、田村隆一、太宰治などのエピソードを描いた文学スケッチ、絵筆とともに旅したパリ、ニューヨーク、モスクワ、それから少年の頃の思い出。 読むたびに励まされたり背中を押されたり、淡々としながらもあたたかさがにじむ文章は時おり涙を誘います。 「ーーつまりこの神さまというのは、やがては消滅してゆく儚さ、悲しさを抱えて生きていることをともすればわすれがちな、ぼくたち自身なのだ。」 発行:幻戯書房 発行年:2009年 サイズ:A5判 ページ:197p