宇多喜代子|森へ

宇多喜代子|森へ

¥1,980 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

昭和10年生まれの俳人は、人生も句歴も長いものであるにかかわらず、何とも軽やかに、季節と昼夜、世界、死を詠みあげます。 観念の「森」こそ、自らの安息の場であり再生のよすがだと話す宇多さんの句は、しっとりとやさしい森の匂いが立ち込めています。伝統や前衛を超えて森羅万象をまなざす、はるか深い造詣がきらめく一冊です。 終わりなき戦に梟を送り込む 新聞が新聞紙になる春の夜 花の下ひとときという大事かな 森の匂い書庫の匂いに似て晩夏 発行:青磁社 発行年:2018年 サイズ:四六判変型 ページ:184p