植田真・nakaban|とおいまちのこと
5f11475474b4e42222d651d6 5f11475474b4e42222d651d6 5f11475474b4e42222d651d6 5f11475474b4e42222d651d6 5f11475474b4e42222d651d6 5f11475474b4e42222d651d6 5f11475474b4e42222d651d6 5f11475474b4e42222d651d6

植田真・nakaban|とおいまちのこと

残り2点

¥1,650 税込

送料についてはこちら

外はやさしい雨の匂い。 部屋の中で紅茶の香りを深く吸い込むぼく。 受け取った青い封筒の中からは、ピンク色の薄い貝殻がでてきました。 遠い町にいるともだちからの手紙です。 「とても とても しずかです ぼくは みなとに います」 あたたかい紅茶を飲みながら、遠い町にいるたいせつな人のことを思い浮かべる雨の日。ふたりを繋ぐ、手紙と雨と紅茶。 ゆっくりとした時間が静かにひろがります。 「みなとまちから」と対になる絵本です。 発行:佼成出版社 発行年:2019年 サイズ:A4変型判 ページ:32p