バリー・ユアグロー|BOTTICELLI 疫病の時代の寓話
new
5eda118c34ef010f454a729e 5eda118c34ef010f454a729e 5eda118c34ef010f454a729e 5eda118c34ef010f454a729e 5eda118c34ef010f454a729e 5eda118c34ef010f454a729e

バリー・ユアグロー|BOTTICELLI 疫病の時代の寓話

残り2点

¥792 税込

送料についてはこちら

『この病のグロテスクな皮肉は、感染した人物が、 症状が悪化すればするほど美しくなることだった。』 と始まる疫病時代の寓話集。 影をなくしてしまった少女、 放棄された映画セットに住むエイリアン、 ガラスに変わった猿たち、 次々に覆われていく彫像、鏡、木々、建物。 出口が見えない息苦しさ、腐敗した臭いが都市全体を(あるいは全世界を)覆いつくす、不安と焦りと理不尽が混ざり合った、瘴気立ち込める一冊です。 収められた12本の短い物語は、2020年4月5日から5月11日にかけて、都市封鎖状態が続くニューヨークで、作家のバリー・ユアグローが「正気を保つため」に書かれました。 翻訳:柴田元幸 発行:ignition gallery 発行年:2020年 サイズ:A6判 ページ:44p