バルテュス|MITSOU
5ea2a1cc34ef0142a419130a 5ea2a1cc34ef0142a419130a 5ea2a1cc34ef0142a419130a 5ea2a1cc34ef0142a419130a 5ea2a1cc34ef0142a419130a 5ea2a1cc34ef0142a419130a 5ea2a1cc34ef0142a419130a

バルテュス|MITSOU

残り2点

¥2,640 税込

送料についてはこちら

フランスの画家・バルテュスが11歳の時に描いた、仔猫のミツとの日々。 ベッドでもキッチンでも、おでかけのときもいつもいっしょにいたバルテュス少年とミツ。 太い筆でぐいぐい描かれた一枚一枚には、少年とミツが過ごした季節、共にあることの喜びや嬉しさ、喪失の悲しみといった、人間のもつ原初の感情があふれています。 巻頭には、詩人のR・M・リルケによる序文が収録されています。 「喪失は所有を終わらせると言いたければ言ってもいい。喪失は所有を確固たるものにする。突き詰めればそれは第二の獲得にほかならない。」 「きみだってそれを感じていたね、バルテュス。 もうミツの姿が見えなくなってから、きみは彼をもっとたくさん見るようになった。」(序文より) 発行:河出書房新社 発行年:2011年 サイズ:B5判変型 ページ:112p