斉藤倫|レディオワン
5e86eb06e20b0450028d0bda 5e86eb06e20b0450028d0bda 5e86eb06e20b0450028d0bda 5e86eb06e20b0450028d0bda 5e86eb06e20b0450028d0bda 5e86eb06e20b0450028d0bda 5e86eb06e20b0450028d0bda

斉藤倫|レディオワン

残り1点

¥1,320 税込

送料についてはこちら

「みなさん、こんばんわん。月曜夜九時。〈レディオ ワン〉の時間です。」 思いがけず言葉を話せるようになった犬のジョン。そんなジョンがラジオのDJになって、リスナーからのお便りを読んだり曲をかけたり。物語は、ジョンと人間たちとのエピソードを追いかけながら、大きく広がっていきます。 「だれもが、いつでも、ひつようなひとと、いっしょにいられるわけじゃない。 子どもも、にんげんも、いぬも。それはおなじことだ。」 悲しいことはなくならない。 それでも、その未来は悪くないと信じたい。 ジョンのことばが頼もしいです。 『ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集』の著者、斉藤倫さんによる、あたたかい日射しような一冊です。 発行:光村図書 発行年:2019年 サイズ:四六判 ページ:152p