全卓樹|銀河の片隅で科学夜話
5e6f58282a9a4229776eacf6 5e6f58282a9a4229776eacf6 5e6f58282a9a4229776eacf6 5e6f58282a9a4229776eacf6 5e6f58282a9a4229776eacf6 5e6f58282a9a4229776eacf6 5e6f58282a9a4229776eacf6 5e6f58282a9a4229776eacf6

全卓樹|銀河の片隅で科学夜話

残り3点

¥1,760 税込

送料についてはこちら

物理学者による世界のふしぎについての22話。 1日の長さについて 世界の中心にある巨大な暗闇について 真空の実在について 思い出されることのない夢について 難易な科学の印象とは遠く離れ、タイトルだけでも惹かれるこの本は、詩情とロマンに満ちた文体で、神秘的な世界空間の姿を明晰に紐解いています。 各章の冒頭ページにある秀逸な引用は、吉田一穂の著作から。 「世界は美しい。何となればリトミックな生命の表現が、生活があるからである。世界は唄つてゐるやうだ。縦ひ彼処の世界が私のために悲しい生活の継母であつたとしても。」(吉田一穂/新約) 発行:朝日出版社 発行年:2020年 サイズ:四六判変型 ページ:192p