一之瀬ちひろ|きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について
5e5ce58d5d485c32e2d77c30 5e5ce58d5d485c32e2d77c30 5e5ce58d5d485c32e2d77c30 5e5ce58d5d485c32e2d77c30 5e5ce58d5d485c32e2d77c30 5e5ce58d5d485c32e2d77c30 5e5ce58d5d485c32e2d77c30 5e5ce58d5d485c32e2d77c30 5e5ce58d5d485c32e2d77c30

一之瀬ちひろ|きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について

残り3点

¥7,150 税込

送料についてはこちら

2016年に製作したZINE『日常と憲法』をきっかけに、日常について、「個」と「公」についての思考と記録を綴じた写真集。 光に包まれているように佇む子どもの姿。 読みさしの本や、テーブルの上の花瓶。 ささやかな出来事の連続でやっと構成されている私たちの毎日は、目に見えず、ともすれば意識から消えてしまっている、国家や憲法という大きな存在と地続きです。その狭間で揺れ動く、私たちの小さな経験を、なんとか自分の手で守ろうとすること。 ミシン縫いの手製本の佇まいはご本人の印象とほど近く、細やかな情緒と凛とした強さに満ちています。 ブックデザイン:尾中俊介 200部限定 発行:FREAKS 発行年:2019年 サイズ:184×270mm ページ:146p