{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

D.S.Lopes|メランコリーと建築―アルド・ロッシ

2,500円

送料についてはこちら

ポルトガルの建築家D・S・ロペスによる、イタリアの建築家アルド・ロッシの研究論文。ポルトガルといえば…の、詩人フェルナンド・ペソアの詩からはじまります。 ロッシの作品の鍵となる喪失の感覚、形而上学的なまなざし、つきまとうメランコリー。モニュメンタルなシンプルさと硬質さを持つ彼の作品、そしてキャリアを辿りながら、メランコリーと建築の関係性に着目しています。ポストモダニズム以降の建築に新たな視点を投げかける建築論。トラークル、ボードレール、ヘルダーリンなど、やはりメランコリーを連想させる詩人たちの言葉からの引用もすばらしい。 発行:flick studio 発行年:2023年 サイズ:四六判 ページ:270p

セール中のアイテム