{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

九重 1

残り1点

¥500 税込

送料についてはこちら

歌人・俳人・造本作家である佐藤りえさん発行による文芸誌。創刊号は、小津夜景さん、笠井亞子さん、戸田響子さん、3名をゲストに迎え、短歌、俳句、エッセイが収録されています。 きれいな色の小さな粒がゆっくりと浮かびあがっていくような言葉の数々は、『九重』という名前がぴったりです。 天高し白き頁を帆に見立て (小津夜景) 芍薬のほどけて夜のひたひたと (笠井亞子) ゆるやかに失うような雨が降り体を秋のかたちに変える (戸田響子) 三からが多である 星のぶつぶつを数える気にもなれない今夜 (佐藤りえ) *九重(ここのえ)・・・宮城県や福島県などで販売されている小粒状のあられ菓子。お湯を注ぐと糖衣が湯に溶け きれいな色になる、飲み物と食べ物のあいだのような伝統菓子です。 発行年:2021年 サイズ:B6判 ページ:28p