最後に残るのは本
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

最後に残るのは本

¥2,750 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

杉浦日向子、芹沢高史、高山宏、池内紀、夢枕獏、森毅、谷川渥、松浦寿輝など67人の書物随想録。 出版元である工作舎の新刊案内「土星紀」に連載されたエッセイシリーズ「標本箱」から、1986年〜2000年までのものをまとめたものです。 多彩な顔ぶれによる文章を味わいながら、時代がどんどん変わっても、本への眼差しや感覚はほとんど変わっていないことがうれしく感じられる一冊。 背継ぎ表紙を模した造本は、美しく静かな佇まいをしています。 発行:工作舎 発行年:2021年 サイズ:四六判変形 ページ:244p