デイヴィッド・マークソン|ウィトゲンシュタインの愛人
5f364ff6d7e1d8647b475e41 5f364ff6d7e1d8647b475e41 5f364ff6d7e1d8647b475e41 5f364ff6d7e1d8647b475e41 5f364ff6d7e1d8647b475e41 5f364ff6d7e1d8647b475e41 5f364ff6d7e1d8647b475e41 5f364ff6d7e1d8647b475e41

デイヴィッド・マークソン|ウィトゲンシュタインの愛人

残り1点

¥2,640 税込

送料についてはこちら

\近日再入荷予定/ 「最初の頃、私は時々、道に伝言を残した。」 地球上にただ一人取り残された女性ケイト。 正気を失った彼女は、浜辺の家に暮らしながら、日々の出来事をタイプライターで書き続けます。家族と暮らしていた過去のこと、美術館を訪ねて旅したこと、日が沈むのを車から眺めたこと。 支離滅裂な短いセンテンスでコラージュされていく日常、記憶、空想。その合間に散りばめられた美術作品や音楽、作家、哲学者たちのイメージ。知的断片のカオスと危うく美しい情感に満ちた、みごとな怪作です。 彼女が暮らす終末世界は、ずっと孤独で絶望的であるのに、意外にもきらめいて見えます。 「ある種の孤独は別の孤独とは異なる。 最後に結論するのはそれだけのことだ。」 発行:国書刊行会 発行年:2020年 サイズ:四六判変型 ページ:328p