NEWS

終了しました【原画展】三春タイムズ

【ご観覧くださった皆さま ありがとうございました】
梅、桃、桜、
三つの春が一度に訪れる
小さな町の四季と暮らし

福島県三春町で器と雑貨の店 in-kyo を営む長谷川ちえさんが
初めての土地で見つけた、いとなみの豊かさ。
二十四節気のこよみの流れに沿って綴った、
東北の小さな町の季節をめぐる待望のエッセイ集です。

この本の発売を記念して、素描家shunshunさんによる原画を展示致します。
書籍「三春タイムズ」の他にshunshunさんの作品集やポストカードなども並びます。

「三春タイムズ」(信陽堂・刊)
文・長谷川ちえ/素描・shunshun

--------------------------------------------------------------------------------------------------
「三春タイムズ」原画展
○期間 2021年4月8日(木)― 5月10日(月)
〇時間 12:00-19:00
○会場 曲線
*期間中の火曜日・水曜日は休業
--------------------------------------------------------------------------------------------------
【長谷川ちえ(はせがわ・ちえ)】
永く使いたい器と生活雑貨の店〈in-kyo〉店主、エッセイスト。
2007年、東京・蔵前のアノニマ・スタジオの一角にて店を始め、
商品の販売のみならず展示とワークショップ、試食会などを組み合わせて
作家と作り出されるものの魅力を伝えてきた。
2016年、福島県三春町への転居にともない店も移転、現在にいたる。

【素描家 shunshun(しゅんしゅん)】
高知生まれ、東京育ち。大学で建築を学び、建築設計の仕事を経て、
絵の道へ。2012年春に千葉から広島へ移住。
書籍・広告のイラストレーションのほか、全国各地で個展も開催。
1本の極細ペンが生みだすフリーハンドの線が写しとった世界には
独特の広がりと温かみがあり、高く評価されている。