五味太郎|がいこつさん
5f5c62fd8f2ebd3bed64008d 5f5c62fd8f2ebd3bed64008d 5f5c62fd8f2ebd3bed64008d 5f5c62fd8f2ebd3bed64008d 5f5c62fd8f2ebd3bed64008d 5f5c62fd8f2ebd3bed64008d 5f5c62fd8f2ebd3bed64008d

五味太郎|がいこつさん

残り3点

¥1,430 税込

送料についてはこちら

がいこつさん、気になることがあって眠れません。 外に出たら何か思い出すかもしれないと、散歩にでかけます。 街をあちこち歩いて疲れたころ、鏡に映った自分を見たがいこつさん、ついに忘れていたことを思い出します。 五味太郎さんの作品ではめずらしく青を基調とした画面。 ユーモアとともに少し切ない静けさが立ち込める名作絵本です。 手紙を出すのを忘れていたかな。 まさか。最後の手紙、もうとっくに出しちゃったじゃない。 ーーそれもそうだな。 誰かがどこかで待っているの忘れていたかな。 いやいやもうそれはない。 たしかに待っていたひともいたけれど、それはもうずっと昔の話。 ーーそれもそうだな。 発行:文化出版局 発行年:1982年 サイズ:A4判 ページ:32p