Reborn-Art Festival 2019 DOCUMENTS いのちのてざわり
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

Reborn-Art Festival 2019 DOCUMENTS いのちのてざわり

¥2,860 税込

送料についてはこちら

宮城県の牡鹿半島と石巻市街地を主な舞台に、美術・音楽・食を楽しむお祭り『Reborn-Art Festival』。 本書は2019年に開催された第2回目の記録集です。 7つのエリアで7組のキュレーターとともにさまざまなアーティストたちが展開しています。 生きることの本質に触れる作品を、自然や土地のダイナミズムとともに体感するフェスティバル。大きくて強い力に頼るだけではない、響き合う場所を手さぐりで作り上げていくようすが記録されています。 〈参加アーティスト〉 名和晃平、バリー・マッギー、梅田哲也、志賀理江子、野口里佳、島袋道浩、吉増剛造など Reborn-Art Festival 第3回目は、2021年8月11日〜9月26と2022年4月23日〜6月5日の2回に分けてに開催されます。テーマは「利他と流動性」。 発行:ART DIVER 発行年:2021年 サイズ:A5判変形/コデックス装 ページ:224p